プロフィール

株式会社コミクス 代表取締役兼CEO 鈴木章裕

2007年9月末にアイブリッジ グループの代表という 立場を捨てて0から新会社(コミクス)を立ち上げました。

▼株式会社コミクス http://www.comix.co.jp/

コミクスのビジョンとミッションは以下の通りです。

vision
インターネットを中心に、4マス媒体を活用することで、企業のブランド価値向上と販売促進を実現する、世界で唯一のクロスメディアエージェンシとなる。

Mission1
AD、PR、IT、ネットプロモーションナレッジ、タレントキャスティングによって、企業に対するコミュニケーション革命を推進する。

Mission2
一般人から著名人までが参加する国内No.1のCGMを創出し、人々の智恵・知識・楽しみを共有できる仕組みを作る。

3児のパパでもあります。

東京と大阪を往復する生活を始めて7年が過ぎました。
私の紹介や諸々の日々の思いを
ブログで記載しよう!
と思ってます。
皆様、今後とも宜しくお願いします。

カテゴリー

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

会社/サービス紹介

今期の総括と来期の展望について

カテゴリー:ビジョナリービジョナリー

弊社グループは8月決算なので、

先程、株式会社コミクス第9期と

株式会社GeeeN第3期を 無事終了する事ができました。


速報値ですが、


コミクスの年商は5億4,000万円(前年対比24%増)

GeeeNの年商は1億3,000万円(前年対比70%増)


の着地となりそうです。


率直な想いとしては諸々課題や不満は沢山ありますが


 近くの大切な人に対して、思いやりのマインドセットが高い

素晴らしいスタッフに恵まれている事実に対し、


 心から感謝しております。


今朝の朝礼の際の2016卒メンバー2名の

所信表明を聞いて、

心から


「私が大好きな社員のみんなを


 もっともっと高い次元で成長を


 実感できるように育成し、彼らの


 喜ぶ顔が見たい!彼らの笑顔が


 私のやる気のバロメーターである!」


と再認識しました。


来期は9月16日に3社目となる新会社を設立します。


各社に事業責任者を置き、私はオーナー経営者として


 事業責任者が描いたP/Lの実現の為に、彼らに寄り添い、


 彼らを後方支援する事に徹する覚悟です。

その結果としてグループ全体で


 今期の2倍成長(前期比100%増)を目指します。


私が大好きな方々(社員の皆さんや自分の家族)10年後の未来の


 暮らしと生活を盤石なものにするために、決して妥協する事なく


 グループ3社の経営に邁進する所存です。


 皆さま、今後共ご指導、ご鞭撻の程、よろしくお願いします。

投稿者:鈴木 : 2016年8月31日 12:15 :  トラックバック

【感謝】2015年の総括

カテゴリー:ビジョナリー

 2015年も残り数日となりました。


個人的には、家族に諸々予期せぬ不幸があり


「健康であることの重要性」


を痛感した1年でした。


5年前から始めているマラソンは以下の大会に参加しました。


※14レースに参加し、12レースに完走!2レースは途中リタイア(>_<)


・2015年1月11日 第41回 武庫川新春ロードレース 3km 親子マラソン 完走

・2015年2月15日 第2回 42.195km海と緑のランニング 完走

・2015年3月21日 第5回 淀川国際ハーフマラソン 完走

・2015年3月29日 OSAKA淀川ウルトラマラソン2015 70km 完走

・2015年4月19日 25thチャレンジ富士五湖ウルトラマラソ 71km 完走

・2015年5月17日 第21回星の郷八ヶ岳野辺山高原 100kmウルトラマラソン 79km地点 リタイア(足切り)

・2015年6月6日 柴又100K~東京⇔埼玉⇔茨城の道~ 55km 途中リタイア

・2015年7月11日 第50回《東日本大震災復興支援ラン》7/11皇居マラソン&リレーマラソン 完走

・2015年7月19日 s-mountainトレイルThe 4100D マウンテントレイル in 野沢温泉 65km 完走

・2015年8月2日 神戸ワイナリーでサンセットRUN!~真夏の代謝番長編~ 20km 完走

・2015年8月29日 第5回 復興の街・神戸リレーマラソン2015 42.195km 完走

・2015年9月20日 国際親善大会第15回2015歴史街道丹後 60kmウルトラマラソン 完走

・2015年10月11日 2015芦屋浜潮風ウルトラマラソン 50km 完走

・2015年12月13日 東日本大震災復興マラソン~クリスマスチャリティラン2015 大阪大会 ハーフマラソン 完走


結論から言うと、今年の私の走力では80kmが限界でした(-_-;)


100km以上のウルトラマラソンを完走するために私がやるべき事は

既に認識しておりますので、来年は今年を超えます!


ちなみに、来年は、


3月にOSAKA淀川ウルトラマラソン 100km

4月に第26回 チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン 118km、

5月に野辺山ウルトラマラソン100km

6月に柴又~東京⇔埼玉⇔茨城の道~ 100km


の4つの100km越えのウルトラマラソンに参加するので、

上記の4つを全て完走し今年の自分を超えます(^_-)-☆


経営者として一番嬉しかった事は


「新卒3期生である2015年の3名の新卒が誰一人欠ける事無く、大活躍してくれたこと」


です。


新卒1期生、2期生、3期生が活躍し、企業文化を創ってくれている事に対し、

心から頼もしく思ってます(^_-)-☆


スタッフの皆さまへ。。。。「他人に優しく自分に厳しい心優しき社員の皆さんが、

世界で一番働きがいのある企業グループ」を一緒に創っていきましょう!


事業としては、株式会社GeeeNのEFO CUBEが導入サイト数1,300サイトを超え、

業界3位のシェアまで成長できました!

※2年以内に業界シェアNo1を目指して来年も更に突っ走ります(*^_^*)


株式会社GeeeNのDSP事業部は2015年12月1日より、事業部をプラットフォーム事業に

変更し、来年の飛躍のために、春に2つ、3つ大きな事を仕掛けていきます。

乞う、ご期待くださいませ!


株式会社コミクスの方は9期目の第1四半期の目標を達成し、第2四半期の目標も

現時点でほぼほぼクリアできているので、2016年1月~3月で第3四半期の目標を

クリアする動きとなります。

※前倒しで6か月先を見据えた活動となっている事に感謝しております。


グループ全体としての私の弊社グループの社員のみんなに対するコミットメントは

以下の通りです。


「みんなを物心両面でもっともっと幸せにしたいです。みんながワクワクしながら楽しく
アグレッシブに働ける、世界一働きがいのある企業グループ
を創りたいです。そのために事業を成長させます」

皆様、ありがとうございました!

良いお年を。。。。
投稿者:鈴木 : 2015年12月28日 19:03 :  トラックバック

決算を終えて

カテゴリー:ビジョナリービジョナリー

 弊社グループの決算月は8月です。


日頃の激務に対する感謝の意味合いで、
今日、ささやかながらスタッフの皆さんと納会を開催しました


私の脇が甘く、前年同期対比
33%マイナスからスタートした
株式会社コミクスは最終着地で
年商は前年同期対比2.8%マイナス、
なんとか黒字決算で終了しました。


2期目の株式会社GeeeNは
前年同期対比168%成長の
年商で着地し、こちらも
黒字決算となりました。


会社は経営者の器以上の成長はできない!


と痛感しております。


今期は株式会社コミクス、
株式会社GeeeNともに順調な
スタートを切れました。


中核メンバーの意識と
スキルも格段に
レベルアップしております(^_^)


今期は株式会社コミクスで
前年同期対比130%成長、


株式会社GeeeNで
前年同期対比650%成長、


を目指します。


その為にも


『選択と集中を行ない、勝てるビジョンと未来予測を経営者として愚直に分析』


し、必ず今期の経営計画の
目標値を達成させます。


そして、社員のみんなをより幸せにします。


日々感謝☆彡

投稿者:鈴木 : 2015年9月 2日 14:46 :  トラックバック

レリジエンスの高い企業とは。。。。

カテゴリー:

最近見た記事の中で凄くしっくりきた内容があるので紹介させて頂きます。

レリジエンス~ビジネスパーソンが押えておくべきキーワード~

特に私の中で刺さった部分は以下の箇所です。

※上記URL内の文章を抜粋しております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「レジリエンス」という言葉の意味を図に表すと、

上記のイメージになります。


国、組織、企業、個人など、さまざまな主体が

自分たちの設定した目標に向かって進むとき、

そこには外的な変化や、想定していなかった事態が発生し、

それによって大きなダメージを受けることがあります。


こうしたとき、


「変化に抵抗し、ダメージを抑え、創造的に飛躍することで、

最後は成長につなげられる」


という考え方が、現在グローバルで「レジリエンス」を

議論されるときのニュアンスにもっとも近いと言えるでしょう。


例えば、アローク・ロヒアCEO率いるインドラマ・ベンチャーズという会社は、

タイを拠点としてビジネスを展開す る中で、1997年のアジア通貨危機において、

タイのマーケット全体が冷え込み、通貨価値が暴落し、

競合他社がビジネスを縮小する中で、「通貨価値が下 がっているこのタイミングが、

買収のチャンス」と捉え、敢えて競合他社を買収・合併するという手に打って出ます。


その後、買収・合併を試行錯誤することに より、

同社は「競合の中で、不振に陥っている会社を買収し、

再生してビジネス拡大する」という勝ちパターンを確立。

事業を世界に拡げました。


そして現在では、米国、ヨーロッパへ進出、ペットボトルの

原料PEТで世界トップシェアにまで成長しています。


この点について、『未来企業』にもレジリエンスの高い企業として紹介される

ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社の

島田由香取締役は、次のように述べています。


「特にレジリエンスは大切です。ユニリーバの社内における

『レジリエンス』のとらえ方は、稲穂のようなものかもし れません。

稲穂を押し曲げると、最初しなやかに曲がりますよね。

そして、そのあとに“ビュ!”という感じで勢いよく戻ってきて、

反対側にグッと伸びる。あ の感覚、ダメージがあったあとに、

それを機にぐいっと成長したり飛躍したりする感じ。

それこそがレジリエンスのイメージです」


また、アジアを中心として、日本から電動バイクで世界のマーケットを狙う

テラモーターズの徳重徹代表は、 「あるアジアの経営者は

、『危機』という言葉を分解すると、『危=危ない』+『機=機会』となると言っています。

その言葉の通り、何かピンチに陥ったときに、その状況を機会、

オポチュニティと捉え、新しい成長に向けた仕掛け時と捉えるのが、

レジリエンスだと思います」 と語ります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ホントその通りだなぁ~、と実感しております。 日々感謝☆彡

投稿者:鈴木 : 2014年11月11日 16:16 :  トラックバック

iMEDIA Brand Summit JAPAN 2014に参加して。。。。

カテゴリー:ビジョナリー

 2014年5月19日~5月21日の3日間、


iMEDIA Brand Summit JAPAN 2014


に参加させて頂きました。


その際に心に強く誓い、参加者だけの


Facebook非公開グループに投稿した内容を


一部編集し公開させて頂きます。


_______________________________


株式会社GeeeNは2013年9月4日に創業し、

まだ9ヶ月目の何のブランドもない会社です。


ご存知の方も多いですが、

私はデジタルマーケティングエージェンシーである

株式会社コミクスの代表取締役社長も

兼任しております。


株式会社コミクスは今期で7期目の

デジタルマーケティングエージェンシーであり、

規模は小さいながらも堅実に成長している会社です。


最初に私がiMedia Brand Summitに参加したのは

2年前の第2回目の和歌山でした。


2年前は株式会社コミクスの代表取締役社長として

参加されて頂きました。


その時に、日本初の世界的なアドテクノロジー企業の必要性を痛感し、

その年の夏に、インドで開催されたiMEDIA Brand Summit in goaに

参加したら日本人は当時、日本コカ・コーラにいた

江端さんと私の2人だけでした。


ぶっちゃけ私は英語が苦手なので、気合いと根性だけで参加しましたが、

インドの方々に大変親切にして頂いたのを鮮明に覚えております。


私は学生時代、ダンス甲子園に出場した経験があり、

ダンスだけで最終日にインドの方々と仲良くなれました。


ぶっちゃけ仕事には繋がっておりませんが、

数人の現地の経営者とは今もメールや

Facebookでやりとりする仲間になれました。


そして、当時の湧き上がる熱い想いを実現すべく、

2012年10月から完全フルスクラッチの

自社開発のDSPの開発を始めました。


あれから1年半、何度も挫折しそうになりながらも、

日本初の世界的なアドテクノロジーサービスを創る事を夢見て、

歯を食いしばって開発し続け、完全自社開発のDSPである

Web CUBE DSPをローンチする事ができました。


▼Web CUBE DSP
https://dsp.web-cube.info


ちなみに、私は物作りが大好きです。

株式会社コミクスを立ち上げる前は、2000年から2007年まで

フルーツメールというオプトインメールを展開する

IT企業の代表でした。


2001年〜2002年はリスティング広告もまだ無く、

オプトさんやサイバーエージェントさんやセプテーニさんの

年商の10〜 20%はフルーツメールの売上でした。


フルーツメールを運営していたアイブリッジ株式会社時代は

フルーツメールの会員数を増やす為に、

毎月2,000万円〜3,000万円程度のネット広告費を

オプト、サイバーエージェント、セプテーニ経由で

6年間使い続けました。

BSフジに提供番組も持った事もあります。


私の夢は30年以内に世界で最も利用されている

統合型アドブラットホームを提供し、

人類のコミュニケーション領域の発展に貢献する事です。


私はコミクスを創業した際に、世の中のあらゆる広告、

PR露出を独自のアルゴリズムで点数化するシステムを

肝いりで構築しましたがちょっと先鋭すぎてほとんど売れず、

2,500万円の損失を出しました。


弊社グループは、2008年にアクセス解析ツールである

Web CUBEを開発し、ローンチしました。


翌年、Web CUBE の英語版をローンチし、

マイクロアドのインドネシア法人に

OEM提供を開始しました。


矢継ぎ早に、2009年EFOツールであるEFO CUBEを開発し、

ローンチしました。EFO CUBEは現在100社以上の

企業様の会員獲得フォームや申込みフォーム、

ECサイトの購入フォームに導入され、

日々利用されているツールに成長しております。


ソーシャル領域はFacebookとTwitterの一元統合&運用管理ツールである

SNS Managerを開発しローンチしました。有償提供企業数はまだまだ

少ないので課題はたくさんありますが、無償提供の実績を合わせると

導入実績企業数は150社を超えております。


今回、iMEDIA Brand Summit に2年ぶりに参加し、


「来年はWeb CUBE DSPの事例を多数蓄積し、

自分がプレゼンする側になる!」


と強く決心しました!


今後は、自分自身が海外の

iMEDIA Brand Summitに積極的に参加し、

海外のiMEDIA Brand Summit参加者に

日本のブランドサミットの素晴らしさを

ドンドン啓蒙します。


有難うございました!感謝☆彡

来年バージョンアップし参加します。

_____________________


正直言って、2つの会社を経営していると、

私が経営者として未熟であるがゆえに、

しばしば憂鬱な事案が発生し、その度に

焦りや不安、憤りを感じてしまいます。


しかし、それ以上に、

沢山の素晴らしい仲間と一緒に、

困難で一筋縄には決して進めない

アドテクノロジーという事業領域で、

着実に一歩一歩前進している

事実に対し、やり甲斐と喜びに

満ち溢れた日々を

過ごせている事に対し、

感謝しております。


最終責任の発生しない方々は

好きな事を私に言ってきます。


たとえば


「DSPは莫大な投資コストがかかる事業だし、

海外勢も含めて競合他社が強力なので

この寺領領域には踏み込まない方が良い」


とか


「ツール事業なんて客単価が非常に小額なので

今、コミクスの方で主力事業となっている

リスティング広告運用だけに注力した方が良い」


とか


いろいろ言ってきます。


おそらく彼らは彼らなりに心から私の事を

心配して助言してくれているのだと思います。


しかし、今だけ見ていてなにも変革させなければ

未来は先細りしかない、と私は確信しております。


過去の歴史を見ても、世の中を変えてきた人は

周りの反対がどれだけあっても、確固たる信念と

高い志を持って、自分が信じた道を極め続けた

人です。現状維持から成長など有り得ません。


自分が死ぬまで諦めなければ

最後は成功する!と信じて、

コツコツ歩を進めていきます。


※未来は自分の心持ちと行動でいくらでも変える事ができる!


鈴木章裕

投稿者:鈴木 : 2014年6月 3日 21:45 :  トラックバック

想いの共有

カテゴリー:ビジョナリー

 4月3日(木)に弊社のスタッフの皆さんに対し、


私の想いを共有させて頂きました。



守秘義務の関係上、社外には共有できない事項も


沢山あるため、一部抜粋して紹介させて頂きます。


___________________________


 


マクロ経済では、アベノミクスにより直近1年で


株価が約2倍に上がり、株式を保有されている


方々の含み資産が増えました。


 


東京オリンピック開催も決定し、国民は未来に対して


前向きな気持ちになっているのも事実です。


 


しかし、現実の日本は超高齢化の国です。


既に全人口の25%が60才以上であり、


20年後には2人に1人が60才以上になります。


 


国債発行額は1,000兆円を超えております。


税収50兆円に対して予算を


100兆円組んでいる大借金国家です。


 


日本国民と日本企業が生き残るためには、


今後成長が見込めるアジア諸国、


そして世界最大の広告市場である


アメリカから外貨を稼ぐ必要があります。


 


だから私は、起業家として、3年以内に


アジア、アメリカなどグローバル展開を


開始する、


 


と決めております。


 


そうしないと10年、20年後の弊社グループの


成長と発展、ひいては日本の発展は無い、


 


と考えているからです。


__________________________


 


前に進む為には原資が必要不可欠です。


 


どこに注力する軸足を置き、突き進んでいくのか?


注力する方向性を見極め、会社という


船を舵取りするのが私の仕事です。


 


日々の業務に精一杯全力で取り組みつつ、


楽しく、正しく、仲良くをモットーに


今後も邁進していきます。


 


引き続きよろしくお願いします。
投稿者:鈴木 : 2014年4月 9日 13:15 :  トラックバック

「永遠の0」を観て湧きあがった想いについて

カテゴリー:ビジョナリー

先程、「 永遠の0 」を観ました。

 

偶然ですが、去年の4月に縁あって、

 

知覧特攻平和会館 にも行っていたので

 

感極まって何度も泣きました。

 

お国のために、

 

家族や恋人を日本に残し、

 

特攻隊として華々しく

 

散って行かれた当時の若者の事を想うと、

 

胸が張り裂けそうです。

 

第2次世界大戦後、69年が経過し、

 

言論の自由が認められ、

 

好きな事が言え、

 

命を奪われる心配もなく、

 

快適な家もあり、

 

パソコン、携帯電話、時計、自動車などなど

 

数えきれない程の物に触れ、平和な国、日本。。。

 

今の日本の奇跡とも言えるような発展は

 

私のおじいちゃんの世代や親父の世代が

 

戦争を乗り越え、壊滅的な打撃を負いながらも、

 

自分達の大切な家族や友人の幸福のために

 

必死になって働いたからだ!

 

と心から感謝しております。

 

この映画を観て、私は

 

私の家族

 

 

会社のスタッフの事が

 

愛おしくて愛おしくて

 

仕方ない気持ちで

 

一杯になりました。

 

そして、私の大切な人たちに

 

もっともっと喜んでもらおう!

 

もっともっと幸せにしよう!

 

この世に生を受けている事に感謝し、

 

家族のために。。。

 

会社のスタッフのために。。。

 

次の世代の子供達のために。。。。

 

大事な人を幸せにする事業を

 

どんどん生みだす存在になろう!

 

と心から誓いました。

 

神様、ご先祖様、親父、お母さん。。。。

 

俺を生んで育ててくれて

 

ありがとうございます!

 

限りある人生を。。。

 

満足して死ねるように。。。

 

精一杯チャレンジし生きます☆彡

 

投稿者:鈴木 : 2014年1月19日 00:49 :  トラックバック

その瞬間が辛ければ辛いほど、ゴールした瞬間の感動は大きいのです!

カテゴリー:日記

 
3年前、私の体重は90kgでした。
 
体脂肪率は28%でした。
 
当時、妻から宣告させた一言!
 
「1年以内に15kg痩せない
とマジで離婚します!」
 
からスタートした私のジム通い
&トレーニング。。。
 
最初の3ヶ月間は5km歩くだけで
 
はぁはぁ荒い息遣いで大変でした。
 
それでも継続は力なり!
 
と信じて
 
マイペースにトレーニングを続け
 
1年後に体重74.8kg、体脂肪率18%
 
になりました。
 
※今は体重72kg、体脂肪率16%
 
です。
 
痩せた記念に、
 
2012年4月15日(日)に
 
かすみがうらマラソン(フルマラソン)に参加し、
 
18km地点で転倒。。。
 
その後は足を引きづり涙と鼻水で
 
顔をグシャグシャにしながら
 
ゴールにたどり着いたあの日を境にして、
 
私のマラソン人生が始まりました!
 
以下、過去2年間で参加したマラソンです。
______________________________
 
2012年  3月10日 
第25回みなと横浜メルヘンジョギングツアー
【10km】
 
2012年4月15日
第22回かすみがうらマラソン
【フルマラソン】
 
2012年  5月27日 
第25回麒麟獅子マラソン
【ハーフマラソン】
 
2012年  8月26日 
第33回兵庫神鍋高原マラソン全国大会  
 【ハーフマラソン】
 
2012年11月25日 
第2回神戸マラソン  
 【フルマラソン】
 
2013年  3月17日 
第3回 なにわ淀川ハーフマラソン
 【ハーフマラソン】
 
2013年  5月19日 
第19回星の郷八ヶ岳野辺山高原
【100kmウルトラマラソン】
 
2013年10月13日 
第10回奥武蔵グリーンライン・チャレンジ
【フルマラソン】
 
2013年  11月3日 
第17回大阪・淀川市民マラソン
【ハーフマラソン】
 
2013年11月16日
ダイヤモンドトレイルラン2013  
 【36km】
_____________________________
 
今後参加予定のスケジュールは
以下の通りです。
_______________
 
2013年 12月 1日  
第22回赤穂義士マラソン
【フルマラソン】
 
2014年 1月 12日    
第40回記念 武庫川新春ロードレース
【ハーフマラソン】
 
2014年 2月 23日    
第1回 42.195km海と緑のランニング  
【フルマラソン】
 
2014年 5月 18日    
第20回星の郷八ヶ岳野辺山高原
【100kmウルトラマラソン】 ※リベンジです。
_________________________
 
走っている瞬間が辛ければ辛いほど、
 
それを必死に我慢しつつも、
 
冷静に戦略を立ててコース攻略し、
 
想定の結果を自分の
 
体1つで成し遂げる!
 
絶対に諦めず、どんな事が
 
あっても最後まで手と足を
 
動かし、ゴールまで辿り着く
 
マラソンというスポーツが
 
経営者としての人生修行にも
 
通じている想いが私の中にあり、
 
純粋に楽しいのです(*^_^*)
 
想いの共有まで
投稿者:鈴木 : 2013年11月18日 22:45 :  トラックバック

ピンチもチャンスも最高に楽しい!

カテゴリー:ビジョナリー

 伸びている会社って一定の法則に沿っている、
 
と私は分析しております。
 
たとえば、
 
1、業界が伸びている。
2、社会の不満を改善するサービスである。
3、潜在需要が伸びている。
4、特徴あるサービスを展開されている。
 
などです。
 
伸びる要素のキーワードを要素分解してきました。
 
・環境
・エネルギー
・IT
・ビッグデータ解析
・コンテンツのライツ管理
・高齢者向けビジネス
・グローバル展開におけるコスト削減
・人間の基本的な欲求に関するサービス(たとえば、美・食など)
・コスト削減
・テクノロジーによる効率化
・共感の養成
 
など。。。。
 
2013年8月~10月の3ヶ月間は私自身が現場に戻り、
 
誰よりも泥臭く、
 
誰よりも積極的に営業訪問し、
 
誰よりも沢山提案し、
 
誰よりも沢山の労働時間を費やしました。
 
その結果、一定の成果を残せる事を改めて再認識できました。
 
たとえば、
 
2013年9月から第7期目に入ったコミクスの業績は
2ヶ月連続で創業以来最高売上を更新しました。
 
2013年9月4日に設立した新会社である株式会社GeeeNは
1つの事業を除き、会社設立時に設定した
目標売上超えを3ヶ月連続で達成済みです。
 
ただ、残念な事に私は1人ですし、私の時間も有限です。
 
だから、2013年11月~2013年1月は、仕事量だけでなく、
働く質に徹底的にこだわります。
 
具体的には、同じ1時間働く中でも、より労働分配率の
濃い時間を過ごす事、つまり、効率良く業績を伸ばす
取り組みを深堀りしたり増やしたりする事に集中しよう!
 
という事です。
 
もちろん、労働時間も引き続き突き抜けて
ダントツで多く働くつもりのですが、
その中でも労働の品質の高さに
徹底的にこだわった3ヶ月間にしよう!
 
と心に決めております。
 
私には夢があります。
 
絶対に成し遂げたい人生の志があります。
 
夢と志があるので、どんなにハードな仕事でも
全く苦になりません。
 
全ては夢と志への成功のプロセスである、
と信じているからです。
 
先日、久々に高校時代の同級生と
飲む機会がありました。
 
彼らは大企業に就職し、それなりの
高給取りになっているのですが、
目に輝きはなく、仕事の不満ばかり
言っており、正直言ってしまうと、
居心地の悪い飲み会でした。
 
私は思わず、
 
「そんなに仕事に不満があるなら
不満の元凶となっている人物に直談判したら良いのでは?または
その仕事を辞めて転職するか?自分で商売でも始めたらええやん!」
 
と言いそうになったが結論が目に見えていたので敢えて
何も言わずに黙って彼らの愚痴を聞きながら
不味い酒を飲んでました。
 
彼らにはそんな勇気はなく、ただ単に酒の勢いで
他者の愚痴を言いたいだけである、と分かっていたので。。。
 
やっぱり、仕事も遊びも、無策に流されるよりは
自分から思いっきり積極的にチャレンジし、
流れていく方が楽しいし。。。。
 
私は、
 
自分の人生という唯一無二の壮大な長編大作ドラマを
アグレッシブで喜怒哀楽に富んだ楽しいものにしたいのです。
 
だから、今は毎日が最高に楽しいです! 日々感謝☆彡
投稿者:鈴木 : 2013年11月15日 01:05 :  トラックバック

新会社設立のお知らせ

カテゴリー:ビジョナリービジョナリー

2013年9月4日、コミクスの100%子会社として、新会社を設立しました。

 

新会社の社名は株式会社GeeeN(ゲン)です。

 

詳細は以下URLの通りです。

 

http://www.rbbtoday.com/release/prtimes-news/20130904/47338.html

 

よろしくお願いします。

投稿者:鈴木 : 2013年9月 5日 00:19 :  トラックバック

ページトップへ戻る